学術雑誌論文

1 Y. Ito and Y. Maeda : ” Three-Dimensional Modeling of Green Sand and Squeeze Molding Simulation”, Material Science Forum, (2018), Vol.925, 473-480
2 風間正喜、諏訪多聞、前田安郭 : “酸化膜モデルを用いたアルミニウム注湯の粒子法シミュレーション”, 鋳造工学, 90(2018),68-74
3 風間正喜、小笠原圭太、諏訪多聞、前田安郭、伊藤弘哲:”粒子法による溶湯の搬送、注湯シミュレーション”, 鋳造工学, 89(2017),389-395
4 伊藤弘哲、前田安郭、村上亮:”MARS法による薄肉鋳物の湯流れシミュレーション”, 鋳造工学, 89(2017),167-173
5 Y. Maeda and H. Makino : “Basic Investigation into Water Cooling of the Green Molding Sand with High Temperature”, International Journal of Metalcasting, (2017), 1, Vol.11,pp27-32
6 渋谷涼太、野田善之,前田安郭、寺嶋一彦 : “注湯と搬送を並行する傾動式自動注湯機における液面振動固有周波数の推定と振動抑制”, 鋳造工学, 86(2014), 12-18
7 Y. Maeda and A. Murakami : High accuracy mold filling simulation using gas and liquid two-phase flow analysis of MARS method, International Foundry Research, 65(2013), No.3, 20-25
8 中道隆,大塚幸男,前田安郭 : ポーラスメディア法によるダイカスト湯流れ解析の精度向上,鋳造工学,81(2009),384-388
9 Y. Maeda and Y. Otsuka : High-Performance Simulation of Mold Filling Using Porous Media Method, International Journal of Automation Technology, Vol.2, No.4, (2008), 247-252
10 前田安郭,野村宏之 : アルミニウム合金ダイカストにおける破断チル層の生成と移動の数値実験, 鋳造工学,78(2006), 654-660
11 X. Chen, H. Nomura and Y. Maeda : Experimental investigation and numerical analysis of compaction behaviour of moulding sand, International Journal of Cast Metals Research, 2004, 17, 6, 376-382
12 Y. Maeda, Y. Maruoka, H. Makino and H. Nomura : Squeeze Molding Simulation Using The Distinct Element Method Considering Green Sand Properties, Journal of Materials Processing Technology, 135(2003), 172-178
13 前田安郭,丸岡洋介,牧野泰育,野村宏之 : 粒度分布を考慮した離散要素法によるスクィーズ圧縮シミュレーション, 鋳造工学,75(2003), 108-114
14 前田安郭,牧野泰育,野村宏之 : 3次元離散要素法による生型砂のスクィーズ造型シミュレーション, 鋳造工学,75(2003), 102-107
15 陳秀萍,野村宏之,前田安郭 : Cooper-Eaton式による各種生型砂の圧縮機構の解析, 鋳造工学,75(2003), 35-41
16 Y. Maeda, H. Nomura, Y. Otsuka, H.Tomishige and Y. Mori : Numerical Simulation of Gas Flow through Sand Core, International Journal of Cast Metals Research, 2002, 15, 441-444
17 陳秀萍,野村宏之,前田安郭 : Cooper-Eatonの実験式を用いた生型造型スクィーズ造型機構の一考察, 鋳造工学, 74(2002), 436-441
18 H. Makino, Y. Maeda and H. Nomura : Computer Simulation of Various Methods for Green Sand Filling, AFS Transactions, 110(200),082
19 H. Makino, Y. Maeda and H. Nomura : Computer Simulation of Squeeze Molding Using the Distinct Element Method, AFS Transactions, 109(2001),43-49
20 野村宏之,加藤鋭次,前田安郭,大久保真一 : ダイカストスリーブ内における溶湯冷却と固相生成, 鋳造工学, 73(2001), 656-661
21 前田安郭,山田靖夫,花井崇,野村宏之 : 通気性金型を用いたステンレス鋼粉末射出成形の充てん特性, 日本金属学会誌, 65(2001), 266-272
22 寺嶋一彦,矢野賢一,前田安郭 : 傾動式注湯におけるスロッシングのモデリングとシミュレーション, 鋳造工学, 73(2001), 231-236
23 加藤鋭次,前田安郭,野村宏之,纐纈明三,坂野厚司 : 湯口断面積を変化させたアルミニウム合金ダイカストの湯流れの直接観察, 鋳造工学, 71(1999), 34-39
24 牧野泰育,前田安郭,野村宏之 : ブロー造型における直方体キャビティへの生型砂充てんの数値解析, 鋳造工学, 70(1998), 459-464
25 前田安郭,小川秀典,野村宏之 : 金属粉末射出用ステンレス鋼粉末スラリーの基礎特性, 日本金属学会誌, 62(1998), 390-396
26 加藤鋭次,纐纈明三,上田研哉,野村宏之,前田安郭 : アルミニウム合金ダイカストの流動特性に及ぼすゲート厚さの影響, 鋳造工学, 70(1998), 103-108
27 H. Makino, Y. Maeda and H. Nomura : Force Analysis in Air-Flow Press Moulding using The Distinct Element Method, International Journal of Cast Metals Research, 1997, 10, 171-175
28 Y. Yang, Y. Maeda, M. Takita and H. Nomura : Effect of Flow Behavior on The Removal of Inclusions by Filter, International Journal of Cast Metals Research, 1997, 10, 165-170
29 牧野泰育,前田安郭,野村宏之,橋本邦弘 : 離散要素法による流気加圧造型の数値解析, 鋳造工学, 69(1997), 147-153
30 楊弋涛,野村宏之,滝田光晴,前田安郭 : 注湯時の湯道流れおよび介在物除去に及ぼすフィルタの効果, 鋳造工学, 69(1997), 62-68
31 前田安郭,杉山大吾,野村宏之 : 金属粉末射出成形におけるグリーン体成形条件の最適化, 日本金属学会誌, 60(1996), 1108-1115
32 徐玉橋,前田安郭,野村宏之 : 注湯金属中における介在物運動と捕捉の数値解析, 鋳造工学, 68(1996), 398-404
33 前田安郭,山本泰士,寺嶋一彦,野村宏之 : L字型輸送路における造型砂の気輸送に対するエアレーションの効果, 鋳物, 67(1995), 318-324
34 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ブローイング造型における造型性状 の予測, 鋳物, 64(1992), 556-561
35 Y. Maeda, T. Atsumi, K. Terashima and H. Nomura : Learning Control of Mold Hardness in Blowing Molding, Trans. of Japan Foundrymen’s Society, 10(1991), 30-37
36 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ブローイング造型における流線解析, 鋳物, 63(1991), 896-902
37 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ブローイング造型における三次元粉体圧の挙動と型砂の充てん特性, 鋳物, 63(1991), 889-895 

国際会議論文

1 S. Yoshida, Y. Ito, Y. Maeda, H. Makino : ” Behavior of Water Cooling and Air-Blow Cooling on High-Temperature Molding Sand”, The 7th Japan-Korea Conference for Young Foundry Engineers, Kanazawa(2018), YP03,129
2 Y. Ito, S. Yoshida, Y. Maeda and H. Makino : “Effects of Green Sand Particle Size Distribution on Squeeze Compacting Behavior Analyzed by Discrete Element Method”, Proc. of The 73rd World Foundry Congress, Krakow (2018), 335-336
3 M. Kazama, T. Suwa and Y. Maeda : “Modeling of Computation of Casting Process by Particle Method”, Proc. of The 73rd World Foundry Congress, Krakow (2018), 397-398
4 T. Suwa, M. Kazama and Y. Maeda : “Application of Explicit and Implicit Smoothed Particle Hydrodynamics Simulation to Casting Processes”, Proc. of The 73rd World Foundry Congress, Krakow (2018), 395-396
5 N. Kondo and Y. Maeda : “Direct Observation and Simulation of Casting Aluminum Alloy into Sand Mold with Varying Sprue Shape”, The 14th Asian Foundry Congress, Incheon(2017), November
6 Y. Ito and Y. Maeda : “Three-Dimensional Modeling of Green Sand and Squeeze Molding Simulation”, International Symposium on The Science and Processing of Cast Iron SPXI-XI, Jönköping(2017), September
7 T. Suwa, M. Kazama and Y. Maeda : “”Simulation of pouring process of aluminum alloy by smoothed particle hydrodynamics with oxide film model”, V Int. Conf. Particle-Based Method. Fundamentals and Applications Particles 2017 , Hannover (2017), September
8 M. Kazama, T. Suwa and Y. Maeda : “Modeling and Computation of the flow of molten metal with oxide film by smoothed particle hydrodynamics”, Modeling of Casting and solidification Processes MCSP2017, Beijing(2017), August
9 H. Ito and Y. Maeda : “Predictions of Shrinkage and Porosity Defects of Aluminum Alloy Cast into Conical Mold”, Proc. of The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, Goyang (2016), pp.50-54
10 Y. Tsuiki and Y. Maeda : “Mold Filling Behavior Varying with Porous-Media Information”, Proc. of The 6th Korea-Japan Conference for Young Foundry Engineers, Goyang (2016), pp.43-46
11 M. Kazama, K. Ogasawara, T. Suwa, H. Ito and Y. Maeda : “Transfer and teeming processes of casting by smoothed particle hydrodynamic method”, Proc. of The 7th International Conference on Computational Methods (ICCM2016), Berkeley (2016), pp.800-807
12 Y. Maeda and H. Makino : “Basic investigation into water cooling behavior of the high temperature green molding sand”, Proc. of The 72nd World Foundry Congress, Nagoya (2016), O-50
13 Y. Maeda and A. Murakami : “Mold Filling Simulation using Porous-Media Grids and Gas-Liquid Flow Analysis MARS Method”, Proc. of The 71st World Foundry Congress, Bilbao(2014), ADVANCED-ENGINEERING No.9, pp.1-10
14 Y. Maeda and A. Murakami : High accuracy mold filling simulation using gas and liquid two-phase flow analysis of MARS method, Proc. of The70th World Foundry Congress, Monterey (2012)
15 Y. Nasu, K. Mishima, T. Takahashi, M. Iwase, Y. Sato, H. Nakayama, E. Endo, M. Kagawa, T. Yoneda, M. Ezoe, K. Katou, Y. Maeda : Strategic Basic Technology Advancement Supported Project “Development of molding technology for Advanced Investment Casting”, Proc. of The 13th World Conference on Investment Casting, Kyoto (2012), Paper T2”
16 X. Chen, Y. Maeda and H. Nomura : A Novel Method to Evaluate Green Sand Compaction Process, Proc. of The 65th World Foundry Congress, Gyeongyu(2002), 783-792
17 Y. Maeda and H. Nomura : Numerical Analysis of Compacting Mechanism in Squeeze Molding by Three-dimensional Distinct Element Method, Proc. of The 65th World Foundry Congress, Gyeongyu(2002), 849-857
18 H. Nomura and Y. Maeda : Application of Recent Simulation Technique to Foundry Process, Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification and Casting, Supported by Solidification and Structure Formation Forum and Modeling Research Group, Iron and Steel Institute of Japan (ISIJ), Osaka (1999), 203-215
19 Y. Maeda, Y. Hasegawa, H. Makino and H. Nomura : Numerical Simulation of Green Sand Squeeze Molding using 3D Distinct Element Method, Proc. of Modeling of Casting and solidification Processes IV 1999, Edited by C.P.Hong, J.K.Choi and D.H.Kim, (1999), 21-29
20 H. Nomura, Y. Maeda, E. Kato, A. Yamazaki and Y. Mori : Early Cooling Characteristics of Die Casting Melt in Shot Sleeve, Proc. of Modeling of Casting and solidification Processes IV 1999, Edited by C.P.Hong, J.K.Choi and D.H.Kim, (1999), 177-184
21 K. Terashima, H. Nomura, Y. Maeda and R. Katoh : Simulation and Optimization on Injection Velocity’s switching in Cavity Filling Process, Proc. of The 14th World Congress on International Federation of Automatic Control, Beijing(1999), Vol.18, 31-36
22 H. Makino, Y. Maeda and H. Nomura : Process Analysis of Sand Moulding using The Distinct Element Method, Technical Papers on CIATF Technical Forum, Dusseldolf(1999), 144-151
23 H. Makino, Y. Maeda and H. Nomura : Numerical Analysis of Blow Molding using Distinct Element Method, Congress Papers on 63rd World Foundry Congress, Budapest (1998), 24-1 – 24-14
24 H.Koyamatsu, K. Terashima, Y. Maeda and H. Nomura : Visualization and Analysis of Jetting Behavior in Metal Injection Molding, Proc. of Fifth Triennial International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization, Edited by T. Kobayashi, FLUCOME ’97, (1997), Vol.2, 839-844
25 Y. Maeda, E. Kato and H. Nomura : Effect of Gate Size on Cavity Filling and Casting Property for Aluminum Alloy Die Casting, Proc. of Solidification Processing 1997, Edited by J.Beech and H.Jones, The 4th Decennial International Conference, (1997), 70-73
26 H. Makino, Y. Maeda, H. Nomura and K.Hashimoto : Process Analysis of Sand Molding Using Distinct Element Method, Proc. of Modeling of Casting and Solidification Processes 1996, Edited by L.Baicheng and J.Tao, 3rd Pacific Rim International Conference, (1996), 34-39
27 Y. Yang, Y. Maeda, M. Takita and H. Nomura : Inclusions Removal by Filter and Flow Analysis, Proc. of Modeling of Casting and Solidification Processes 1996, Edited by L.Baicheng and J.Tao, 3rd Pacific Rim International Conference, (1996), 398-403
28 K. Terashima, A. Kaneshige, T. Kohno, Y. Maeda and K. Yoshida : Computer Simulation and Motion control of Fluid Behavior in Automatic Pouring System, Proc. Of IFAC Motion Control, International Federation of Automatic Control, (1995), 368-375
29 Y. Maeda, H. Nomura, Y. Xu and K. Terashima : Fluid Flow in Mold Casting and Entrapment of Inclusion in Solidified Meatl, Proc. of Modeling of Casting, Welding and advanced Solidification Processes VII, Edited by M.Cross and J. Campbell, The Minerals, Metals & Materials Society, (1995), 625-632
30 Y. Maeda, M. Nakanishi, H. Nomura and K. Terashima : Effect of Gate Size on Cavity Filling Process and Its Simulation, Proc. of Modeling of Casting and Solidification Processes 1995, Edited by E. Niyama and H. Kodama, 2nd Pacific Rim International Conference, (1995), 297-306
31 H. Nomura, Y. Maeda, N. Wade and M. Ohara : Characteristics of Metal Powder Injection into Cavity, Proc. of First International Conference on Processing Materials for Properties, Edited by H. Henein and T.Oki, The Minerals, Metals & Materials Society, (1993), 701-704
32 K. Terashima, Y. Maeda and H. Nomura : Learning-Control of Mould Hardness in Blow Molding, Congress Papers on 60th World Foundry Congress, (1993), 47-1 – 47-13
33 Y. Maeda, K. Terashima and H. Nomura : Numerical Simulation on Mold Making by Blowing Green Sands into Cavity, Proc. of the 1992 Technical Program, Powder & Bulk Solids Conference, (1992), 889-895

学術論文に準ずるもの

1 持田泰,蓮野昭人,風間正喜,諏訪多聞,前田安郭 : “粒子法によるダイカスト薄肉湯まわり解析”, 日本ダイカスト会議論文集, (2018), JD18-21, 107-110
2 諏訪多聞,風間正喜,蓮野昭人,持田泰,前田安郭 : “粒子法酸化膜モデルを用いたダイカストのラドル注湯シミュレーション”, 日本ダイカスト会議論文集, (2018), JD18-20, 103-106
3 蓮野昭人、大本剛士、神重傑、前田安郭 : “ダイカストにおけるラドル注湯のシミュレーション”, 日本ダイカスト会議論文集,(2016), JD16-13, 67-70
4 前田安郭 : 鋳造CAEと砂型造型シミュレーション, (社)日本鋳造工学会中国四国支部会報誌「こしき」,33(2010),10
5 岩瀨稔,中村充利,那須征雄,高橋徹,三島勝則,中山英樹,遠藤栄治,前田安郭 : Application of Casting Simulation to Ceramic Mold with Synthetic Materials for Substitution of Zircon (ジルコン代替人工材料を用いた鋳型への鋳造シミュレーションの適用),JFS/Investment Casting Seminar 2009 (社)日本鋳造協会JFS/国際精密鋳造セミナー2009,Technical Session, T3,T3-1 – T3-10
6 前田安郭,中道隆,大塚幸男:ポーラスメディア法による湯流れ解析,(社)日本鋳造工学会中国四国支部会報誌「こしき」,30(2007),1
7 J. Bakman, I. L. Svensson and Y. Maeda : Influence of Filter in the Mould Filling of Aluminum Melts in Vacuum-Sealed Moulds, Research Report 99:6,ISSN 1404-0018, Div. of Component Technology, The School of Engineering, Jönköping University, (1999)
8 J. Bakman, I. L. Svensson and Y. Maeda : Mould Filling Observation of Aluminum Melts in Vacuum-Sealed Sand Moulds, Research Report 99:5,ISSN 1404-0018, Div. of Component Technology, The School of Engineering, Jönköping University, (1999)
9 坂野厚司,野村宏之,加藤鋭次,前田安郭,纐纈明三 : ダイカストにおける充てん挙動可視化と成形特性の解析, 日本ダイカスト会議論文集, (1998), 209-214
10 野村宏之,前田安郭:5. 素形材プロセス最適化の研究 -鋳型造型プロセスのシミュレーションと制御,先端材料技術交流会第3回講演会, 2(1992), 37-62 

特許

1

前田安郭、村木友也、上橋祐介 : 鋳造シミュレーション装置, 特願2018-062037

2

前田安郭、村木友也、上橋祐介 : 空気巻き込み量算出方法, 特願2017-100226
3 風間正喜, 諏訪多聞、前田安郭 : 流体シミュレーションプログラム、流体シミュレーション装置および流体シミュレーション方法, 特願2017-088554
4 池永明,前田安郭,牧野泰育 : 振動による砂型造型の充填不良を予測し充填性を高めた造型を行う方法, 特願2004-130000 特開2005-305540
5 富重博美,大塚幸男,前田安郭 : 鋳造シミュレーション方法, 特願2002-169994 特開2004-009130 特許第4145078号

総説・解説など

1 前田安郭、橋本邦弘、金森敬、岡真吾、後藤久徳 : “鋳鉄の鋳造要素技術概論 ―生型造型の周辺技術―”, 鋳造工学, 89(2017), 212-214
2 前田安郭、橋本邦弘、金森敬、岡真吾、後藤久徳 : “鋳鉄の鋳造要素技術 ―生型造型機―”, 鋳造工学, 89(2017), 204-211
3 WFC2016組織委員会(分担:前田安郭) : “第72回世界鋳造会議(WFC2016)報告”, 鋳造工学, 88(2016), 560-584
4 前田安郭 : “社会に応える実学教育 ―大同大学機械工学科鋳造プロセス工学研究室―”, 素形材,(2015), 59-61
5 前田安郭 : “特集「鋳造シミュレーションパッケージソフト最前線」によせて”, 鋳造工学,86(2014),905
6 前田安郭、寺嶋一彦 : 第70回世界鋳物会議(WFC70)報告, 鋳造工学,84(2012),557-561
7 前田安郭 : 鋳造CAEの活用と品質向上,鋳造工学,82(2010),596-600 
8 前田安郭 : 鋳造CAEの活用と品質向上に関する研究,(社)日本鋳造工学会,研究報告105 
9 岩瀨稔,中村充利,高橋徹,遠藤栄治,前田安郭 : 戦略的基盤技術高度化支援事業-ジルコン代替人工材料を用いた鋳型への鋳造シミュレーションの適用-,鋳造ジャーナル,(2010),4,20-25 
10 前田安郭 : 鋳造シミュレーション技術の現状と今後の課題,精密工学会誌,76(2010),395-398  
11 前田安郭,大塚幸男 : ポーラスメディア法を用いた高性能湯流れ・凝固シミュレーション, 鋳造工学,81(2009), 509-514
12 野村宏之,前田安郭 : 第4回「鋳造・凝固プロセスのモデリング国際会議」の報告, 素形材,(1999), 12, 13-16
13 計永毅,前田安郭,河原裕徳,野村宏之 : 金属粉末射出成形に対する通気性金型の適用, 型技術, 13(1998),2,63-69
14 前田安郭,野村宏之 : 造型時における鋳枠内への型砂の充てんシミュレーション, 素形材,(1993), 5, 1-6
15 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ブローイング造型の研究 -文献レビューと最近の動向-, 鋳物,61(1989), 687-693 

報告書,テキストなど

1 前田安郭,伊藤由華、牧野泰育 : “高温鋳物砂への散水における冷却挙動”, (公社)日本鋳造工学会研究報告123,生型管理技術の再構築Ⅱ,(2018), 104-108
2 森田茂隆、坂井雄治、坂崎功英、平野春好、石川義信、前田安郭、曽根孝明、五家政人 : “革新的高歩留り鋳造法を可能にする、経験値とITを融合した高効率鋳造方案設計支援システムの開発”, 素形材,59(2018), 10, 24-31
3 谷口真伍,近藤直生,前田安郭 : “鋳造方案と注湯方法が鋳型充填挙動に及ぼす影響とシミュレーション”, (公社)日本鋳造工学会東海支部・非鉄鋳物研究部会報告書, (2018), 103-106
4 築城佑果,新井田篤,前田安郭 : “ポーラスメディア情報と鋳型充填挙動”, (公社)日本鋳造工学会東海支部・非鉄鋳物研究部会報告書, (2018), 245-248
5 近藤直生,谷口真伍,前田安郭 : “アルミニウム合金の重力鋳造における充填挙動観察とシミュレーション”, (公社)日本鋳造工学会東海支部・非鉄鋳物研究部会報告書, (2018), 107-110
6 前田安郭 : “鋳造CAEの変遷と最近動向”, (公社)日本鋳造工学会東海支部・鋳造先端プロセス研究部会シンポジウム,(2016),15-24
7 前田安郭 : “最新の鋳造シミュレーション技術”, (公社)日本鋳造工学会東海支部・長野地区技術講習会テキスト, (2015), 1-10
8 中道隆,古川勇,森田啓一,近藤博紀,前田安郭,岩田靖,八百川盾 : “鋳造シミュレーション技術と応用(温度・凝固解析技術と活用)”, (公社)日本鋳造工学会,研究報告,113,(2014), 96-99
9 前田安郭 : “MARS法による気液二相流湯流れシミュレーション”, (公社)日本鋳造工学会,研究報告,113,(2014), 43-47
10 前田安郭 : “砂・鋳型におけるシミュレーションの現状とこれから”, 素形材技術セミナー「鋳物砂の現状とこれから ―鋳物砂の現状とこれからの鋳型の方向性を考える―」(2014), 67-72
11 前田安郭 : 鋳造シミュレーションによる欠陥予測、第84回三重県鋳造技術研究会,(2012)
12 中道隆,天野憲広,岸田博徳,近藤博紀,前田安郭,岩田靖,八百川盾 : 鋳造CAEの技術と活用,(公社)日本鋳造工学会,第160回全国講演大会技術講習会テキスト,(2012),37-43
13 高木浩ほか : 真空処理による溶湯改質で高強度鋳鉄の半凝固鋳造法の確立とコンパクトラインによる実用化の開発, 平成22年度戦略的基盤技術高度化支援事業、研究開発成果等報告書, (2011)
14 前田安郭,大塚幸男,中道隆,古川勇,篠田浩一:ポーラスメディア法の湯流れ解析への適用,(社)日本鋳造工学会,研究報告106 “ダイカストの高品質化”, (2010), 148-152 
15 中道隆,大塚幸男,前田安郭 : ポーラスメディア法の適用によるダイカスト湯流れ解析の精度向上,(社)日本鋳造工学会,研究報告105 “鋳造CAEの活用と品質向上に関する研究”, (2010), 18-24 
16 前田安郭,大塚幸男,中道隆,古川勇,篠田浩一 : ポーラスメディア法による高性能湯流れシミュレーション,(社)日本鋳造工学会,研究報告105 “鋳造CAEの活用と品質向上に関する研究”. (2010), 13-17 
17 前田安郭 : 鋳造CAEと砂型造型シミュレーション, (社)日本鋳造工学会・中国四国支部・平成21年度鋳造技術講演講習会,(2009),23-31
18 那須征雄ほか : 精密鋳造品高度化に向けた造型技術の開発, 平成20年度戦略的基盤技術高度化支援事業、研究開発成果等報告書, (2009)
19 冨田高嗣,中道隆,前田安郭 : ポーラスメディア法による湯流れ・凝固解析の精度向上,トヨタ・テクニカル・レビュー,Vol.56,No.2,(2009),128-131
20 前田安郭 : 鋳造技術のIT化, 第48回全国公設試験研究機関素形材技術担当者会議, (2007),資料5
21 野村宏之,前田安郭 他 : コンピュータシミュレーションセミナ2, 産学連携製造中核人材育成事業成果報告書 ―鋳造現場の中核人材(鋳造エリート育成プロジェクト)―,(財)名古屋産業科学研究所,(2007)
22 前田安郭 : 鋳造おける砂粒子充てんメカニズムとシミュレーション, (社)日本鋳造工学会, 第149回全国講演大会技術講習会テキスト “鋳型造型技術の最新動向と実際”, (2006), 50-57
23 前田安郭 : 砂型造型機構の解明とシミュレーション,(社)日本鋳造工学会, 研究報告99 “生型と環境対応技術に関する研究”,(2006), 70-87
24 前田安郭 : 砂中子内ガス流れの数値シミュレーション,(社)日本鋳造工学会, 研究報告98 “鋳造CAEによる現象解明と最適化に関する研究”, (2006), 105-108
25 LNG基地の海上防災対策に関する調査研究専門委員会 : LNG基地の海上防災対策に関する調査報告書(吉の浦火力発電所LNGバースの海上防災対策に関する調査), 沖縄電力株式会社,(独)海上災害防止センター,2005年3月
26 前田安郭 : 離散要素法による流気加圧造型の数値シミュレーション,(社)日本鋳造工学会東海支部, 鋳造先端プロセス研究部会,”鋳造工学における先端鋳造プロセスの動向”, (2002), 12, 162-169
27 前田安郭 : 生型造型における充てん機構解析の新展開, (社)日本鋳造工学会, 研究報告90 “生型管理技術とその自動化に関する研究”, (2002), 14-24
28 前田安郭 : トピックス -海上保安大学校(機械工学講座)紹介-, (社)日本鋳造工学会, 中四国支部機関誌「こしき」, 25(2002), 67-68
29 前田安郭 : ブロー方式による砂充てん, (社)日本鋳造工学会, 研究報告81 “造型と砂管理のマニュアル化に関する研究”, (1998), 98-100  
30 前田安郭 : 鋳造加工プロセスの予測 ―離散要素法による生型砂造型のシミュレーション―, 平成10年度日本金属学会東海支部・日本鉄鋼協会東海支部講習会「材料加工プロセスを的確に予測し,最適化する」講演資料,(1998), 1-7
31 阪口康司他 : 生型砂の管理の現状Ⅱ (担当及び関連部分2,3,4章), 鋳造工学会東海支部砂型研究部会報告書, (1998),11  
32 前田安郭 : 離散要素法(DEM)によるブロー造型機構の数値解析, 鋳物技術講習会テキスト, (1998)
33 牧野泰育,前田安郭,野村宏之 : 離散要素法による流気加圧造型の応力場解析, 新東技法, 17(1997), 26-31
34 前田安郭 : 離散要素法による流気加圧造型の数値シミュレーション(砂型研究部会報告), 鋳物技術講習会テキスト, (1997), 21-28
35 牧野泰育,橋本邦弘,前田安郭,野村宏之 : 離散要素法による流気加圧造型解析, 新東技法, 16(1996), 8-14
36 寺嶋一彦,前田安郭,吉田健逸,長田利生 : 自走式自動注湯機における粘性流体の挙動解析とアドバンスト制御システムの開発, 平成7年度科学研究費補助金(試験研究(B)(1))研究成果報告書

研究紀要

1 前田安郭 : アルミニウム合金ダイカストにおける破断チル挙動の数値実験, 海上保安大学校,平成17年度研究報告, 49(2005), 43-53
2 前田安郭,野村宏之,牧野泰育 : 生砂型造型における高速吹き込み時の充てん基礎特性, 海上保安大学校,平成16年度研究報告, 48(2004), 35-44
3 前田安郭 : 鋳造時おける砂中子内ガス流れの数値シミュレーション, 海上保安大学校,平成15年度研究報告, 47(2003), 37-43
4 前田安郭 : 生型砂特性を考慮した離散要素法による充てんシミュレーション, 海上保安大学校50周年記念論文集,221-228 

国内学会発表

1 谷口真伍,前田安郭 : “アルミニウム合金鋳造の鋳型充填シミュレーションにおける流入条件設定”, 日本鋳造工学会,第172回全国講演大会概要集,(2018),89
2 前田安郭 : “生型砂造型のつき固め機構の解明と湯流れ・凝固に関する鋳造CAE”, 日本鋳造工学会,第172回全国講演大会概要集,(2018),88
3 畠中耕平、風間正喜、前田安郭、近藤直生、谷口真伍 : “粒子法シミュレーションによる重力鋳造の解析とその可視化”, 日本鋳造工学会,第172回全国講演大会概要集,(2018),44
4 新井田篤,前田安郭 : “水モデルダイカスト装置を用いた湯流れ時の空気巻き込み”, 日本鋳造工学会,第172回全国講演大会概要集,(2018),43
5 森田茂隆、前田安郭、坂井雄治、平野春好、坂崎功英、石川義信、曽根孝明、五家政人 : “鋳鉄用高効率押湯方案設計支援ツールの開発と使用例”, 日本鋳造工学会,第172回全国講演大会概要集,(2018),36
6 黄子争、黒川豊、佐藤和則、橋本邦弘、前田安郭、北澤幸廣、福尾太志 : “生型における球状黒鉛鋳鉄のピンホール欠陥”, 日本鋳造工学会,第171回全国講演大会概要集,(2018),45
7 吉田信吾,伊藤由華,前田安郭 : “粒度分布を考慮した離散要素法(DEM)を用いたスクィーズ圧縮シミュレーション”, 日本鋳造工学会,第171回全国講演大会概要集,(2018),40
8 佃公博,久保順,前田安郭 : “ダイカストとのゲート・ランナー方案及び鋳造条件の最適化”, 日本鋳造工学会,第171回全国講演大会概要集,(2018),38
9 谷口真伍,近藤直生,前田安郭 : “湯口方案と注湯方法がアルミニウム合金鋳造の充填挙動に及ぼす影響”, 日本鋳造工学会,第171回全国講演大会概要集,(2018),34
10 吉田信吾、伊藤由華、前田安郭 : “生型砂のスクィーズ造型における充填シミュレーション”, 日本鋳造工学会東海支部,東海YFEフォーラム,(2017)
11 谷口真伍、近藤直生、前田安郭 : “注湯方法の違いによる鋳型充填挙動の直接観察とシミュレーション”, 日本鋳造工学会東海支部,東海YFEフォーラム,(2017)
12 新井田篤、築城佑果、前田安郭 : “水モデル装置による湯流れ時の空気巻き込み定量化”, 日本鋳造工学会東海支部,東海YFEフォーラム,(2017)
13 築城佑果、前田安郭 : “共通の解析モデルに対するCAEの適用事例(1)”, 日本鋳造工学会,第170回全国講演大会概要集,(2017),74
14 近藤直生、前田安郭 : “ 注湯等方法の違いによる鋳型充填挙動の直接観察”, 日本鋳造工学会,第170回全国講演大会概要集,(2017),24
15 佃公博、久保順、出来尚隆、前田安郭 : “湯流れシミュレーションを利用したダイカストの鋳造場券の最適化”, 第170回全国講演大会概要集,(2017),23
16 諏訪多聞、風間正喜,小笠原啓太、前田安郭、伊藤弘哲 : “SPH法による溶湯の搬送・注湯解析”, 計算工学会講演会論文集,Vol.22,(2017),A-10-2
17 伊藤由華、田中智之、前田安郭、牧野泰育 :  “100℃を越える高温鋳物砂の混練における散水後の冷却挙動”, 日本鋳造工学会,第169回全国講演大会概要集,(2017),113
18 築城佑果、高橋聖治、牧野優大、前田安郭、村木友也、上橋祐介 : “水モデル装置を用いたダイカスト湯流れの基礎調査”, 日本鋳造工学会,第169回全国講演大会概要集,(2017),70
19 風間正喜, 諏訪多聞、前田安郭 : “酸化膜モデルを用いたアルミニウム注湯の粒子法シミュレーション”, 日本鋳造工学会,第169回全国講演大会概要集,(2017),19
20 築城佑果、前田安郭 : “ポーラスメディア情報が湯流れ挙動に及ぼす影響”, 日本鋳造工学会東海支部,東海YFEフォーラム,(2016)
21 近藤直生、前田安郭 : “重力鋳造におけるアルミニウム合金充填挙動の直接観察とシミュレーション”, 日本鋳造工学会東海支部,東海YFEフォーラム,(2016)
22 伊藤由華、前田安郭 : “高温鋳物砂への散水における冷却挙動, 日本鋳造工学会東海支部,東海YFEフォーラム,(2016)
23 風間正喜, 小笠原圭太, 諏訪多聞、前田安郭, 伊藤弘哲 : “粒子法による溶湯の搬送、注湯シミュレーション”, 日本鋳造工学会,第168回全国講演大会概要集,(2016),107
24 伊藤由華,板倉雅敬,前田安郭、牧野泰育 : “高温鋳物砂の水冷挙動に関する基礎調査”, 日本鋳造工学会,第168回全国講演大会概要集,(2016),101
25 近藤直生,前田安郭 : “アルミニウム合金重力鋳造における充填挙動の直接観察”, 日本鋳造工学会,第168回全国講演大会概要集,(2016),54
26 伊藤弘哲、前田安郭 : “鋳造CAEにおける薄肉鋳物の解析条件と自由表面挙動”, 日本鋳造工学会東海支部,東海YFEフォーラム,(2015)
27 伊藤弘哲、前田安郭 : “薄肉鋳物を対象とした湯流れシミュレーションにおける計算条件”, 日本鋳造工学会,第167回全国講演大会概要集,(2015),3
28 渋谷涼太、寺嶋一彦、野田善之,前田安郭 : “注湯と搬送を平行する傾動式自動注湯機における液面振動固有周波数の推定と振動抑制”, 日本鋳造工学会,第166回全国講演大会概要集,(2015),119
29 伊藤弘哲、前田安郭 : “自由表面挙動に着目した鋳型充填の直接観察とシミュレーション”, 日本鋳造工学会,第166回全国講演大会概要集,(2015),78
30 小野寺真人,恩田祐,後藤貴教,中道隆,仲山公規,晴山巧,前田安郭,持田泰,楊毅 : コニカルモールドによるCAE評価,日本鋳造工学会,第160回全国講演大会概要集,(2012),39
31 前田安郭,村上亮 : MARS法による気液二相流解析を用いた湯流れシミュレーション, 第54回自動制御連合講演会,講演論文CD-ROM(2011),2L402,1727-1728
32 前田安郭,新谷和也,村上亮 :  非混合二相流解析MARS法による湯流れ解析, 日本鋳造工学会,第159回全国講演大会概要集,(2011),28
33 岩瀨稔,中村充利,高橋徹,遠藤栄治,前田安郭 : ジルコン代替人工材料を用いた鋳型への鋳造シミュレーションの適用,日本鋳造工学会,第156回全国講演大会講演概要集,(2010),120
34 前田安郭,牧野泰育 : 砂型造型シミュレーションにおける解析方法の検討, 日本鋳造工学会,第153回全国講演大会講演概要集,(2008),109
35 中道隆,大塚幸男,前田安郭 : ポーラスメディア法によるダイカスト湯流れ解析の精度向上, 日本鋳造工学会,第151回全国講演大会講演概要集,(2007),74
36 前田安郭,野村宏之,加藤鋭次,近藤博紀 : アルミニウム合金ダイカストにおける破断チル層の数値実験, 日本鋳造工学会,第149回全国講演大会概要集,(2006),39
37 鈴木浩司,野田善之,寺嶋一彦,前田安郭,鈴木祐二 : 砂型プレスキャスティングにおけるプレス速度制御と鋳型設計の最適化, 日本鋳造工学会,第148回全国講演大会講演概要集,(2006),39
38 中道隆,大塚幸男,古川勇,前田安郭,篠田浩一 : ポーラスメディア法によるダイカスト湯流れ解析の精度向上, 日本鋳造工学会,第148回全国講演大会講演概要集,(2006),39
39 前田安郭,大塚幸男,中道隆,古川勇,篠田浩一 : ポーラスメディア法の湯流れ解析への適用, 日本鋳造工学会,第148回全国講演大会講演概要集,(2006),38
40 月原望,池永明,川本信,前田安郭,牧野泰育 : 消失模型鋳造法の造型プロセスにおける砂の円振動充てん挙動とシミュレーション, 日本鋳造工学会,第143回全国講演大会講演概要集,(2003), 68
41 前田安郭,富重博美,大塚幸男,佐藤理通 : 砂中子内ガス流れの数値シミュレーション, 日本鋳造工学会,第141回全国講演大会講演概要集,(2002), 69
42 前田安郭,尾関宏紀,野村宏之,大塚幸男,篠田浩一 : スリーブ内溶湯の流動・伝熱挙動に関する数値実験, 日本鋳造工学会,第141回全国講演大会講演概要集,(2002), 67
43 陳秀萍,野村宏之,前田安郭 : 生型砂のスクィーズ圧縮機構, 日本鋳造工学会,第140回全国講演大会講演論文集,(2002), 84-85
44 前田安郭,杉山真人,野村宏之,牧野泰育,原田 久 : 生型造型における高速吹き込み時の充てん基礎特性, 日本鋳造工学会,第139回全国講演大会講演概要集,(2001), 64
45 陳秀萍,近藤博紀,前田安郭,野村宏之 : 生型砂性状の違いによるスクィーズ圧縮機構の解析, 日本鋳造工学会,第138回全国講演大会講演概要集,(2001), 36
46 前田安郭,加藤鋭次,滝田光晴,野村宏之 : 創造型実験「材料に形と機能を与える」を実施して, 日本鋳造工学会,第137回全国講演大会、YFE交流セッション「鋳造における技術の伝承と情報化-その3」,(2000)
47 前田安郭,丸岡洋介,野村宏之 : Cooper-Eaton式による生型砂のスクィーズ圧縮機構解析, 日本鋳造工学会,第137回全国講演大会講演概要集,(2000), 118
48 前田安郭,野村宏之,丸岡洋介,牧野泰育 : スクィーズ造型の3次元シミュレーションシステムの構築, 日本鋳造工学会,第136回全国講演大会講演概要集,(2000), 96
49 前田安郭,陳秀萍,野村宏之,牧野泰育 : 生型の造型に及ぼす生型砂性状の影響, 日本鋳造工学会,第134回全国講演大会講演概要集,(1999), 11
50 山崎明子,加藤鋭次,前田安郭,纐纈明三,野村宏之 : ダイカスト鋳造特性とスリーブ温度・充てん率の関係, 日本鋳造工学会,第133回全国講演大会講演概要集,(1998), 104
51 長谷川裕,牧野泰育,前田安郭,野村宏之 : 3次元生型砂造型モデルの開発とスクィーズ造型への適用, 日本鋳造工学会,第132回全国講演大会講演概要集,(1998), 111
52 牧野泰育,前田安郭,野村宏之 : 離散要素法によるブロー造型過程の応力場解析, 日本鋳造工学会,第132回全国講演大会講演概要集,(1998), 110
53 前田安郭 : 離散要素法による生型造型プロセスの数値解析, 日本鋳造工学会,第132回全国講演大会講演概要集,(1998), 45
54 加藤鋭次,前田安郭,野村宏之,纐纈明三,坂野厚司 : アルミニウム合金ダイカストの湯口断面積変化による湯流れの直接観察, 日本鋳造工学会,第132回全国講演大会講演概要集,(1998), 26
55 福岡丈英,加藤鋭次,前田安郭,纐纈明三,野村宏之 : アルミニウム合金ダイカストにおける湯口形状変化による薄肉鋳物の成形特性, 日本鋳造工学会,第132回全国講演大会講演概要集,(1998), 25
56 牧野泰育,前田安郭,野村宏之 : 離散要素法による造型時の型内応力場解析, 日本鋳造工学会,第130回全国講演大会講演概要集,(1997), 112
57 楊弋涛,滝田光晴,前田安郭,野村宏之 : フィルタによる注湯時の介在物除去及び湯流れ挙動, 日本鋳造工学会,第130回全国講演大会講演概要集,(1997), 61
58 牧野泰育,前田安郭,野村宏之,橋本邦弘 : ブロー造型におけるホッパからの生型砂の噴出挙動, 日本鋳造工学会,第129回全国講演大会講演概要集,(1996), 53
59 長谷川裕,牧野泰育,前田安郭,野村宏之 : 特性曲線法を用いた生砂型の応力場解析, 日本鋳造工学会,第129回全国講演大会講演概要集,(1996), 27
60 上田研哉,加藤鋭次,前田安郭,纐纈明三,野村宏之 : モデルダイカストにおける成形体性状に及ぼすゲート厚さの影響, 日本鋳造工学会,第128回全国講演大会講演概要集,(1996), 67
61 中嶋誠,前田安郭,加藤鋭次,纐纈明三,野村宏之 : モデルダイカストにおける充てん、伝熱特性, 日本鋳造工学会,第128回全国講演大会講演概要集,(1996), 66
62 牧野泰育,前田安郭,野村宏之,橋本邦弘 : 流気加圧造型におけるブリッジ現象の数値シミュレーション, 日本鋳造工学会,第128回全国講演大会講演概要集,(1996), 31
63 楊弋涛,浅井敬志,前田安郭,滝田光晴,野村宏之 : ランナフィルタ系モデルによる流れの可視化とシミュレーション, 日本鋳造工学会,第128回全国講演大会講演概要集,(1996), 24
64 牧野泰育,前田安郭,野村宏之,橋本邦弘 : 離散要素法による造型解析, 日本鋳造工学会,第127回全国講演大会講演概要集,(1995), 104
65 徐玉橋,前田安郭,野村宏之 : 溶湯金属における介在物運動と補足の数値解析, 日本鋳物協会、第126回全国講演大会講演概要集,(1995), 20
66 甲野晃男,寺嶋一彦,前田安郭 : 傾動式自動注湯における粘性流体の挙動解析と操作因子の制振効果について, 日本鋳物協会、第126回全国講演大会講演概要集,(1995), 12
67 加藤亮吾,前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : 溶湯のキャビティ充てんに及ぼす射出速度切り替えの効果, 日本鋳物協会、第126回全国講演大会講演概要集,(1995), 2
68 前田安郭,野村宏之 : 薄肉キャビティの充てん性に及ぼす射出速度とゲートサイズの効果, 日本鋳物協会、第126回全国講演大会講演概要集,(1995), 1
69 中西正直,前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ゲート形状を考慮したダイカストの湯流れ・凝固解析, 日本鋳物協会、第124回全国講演大会講演概要集,(1994), 95
70 山本泰士,前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : 造型砂の空気輸送特性とエアレーションの効果, 日本鋳物協会、第124回全国講演大会講演概要集,(1994), 72
71 前田安郭,野村宏之,和出昇 : 金属粉末射出成形におけるキャビティ内充てん特性, 日本鉄鋼協会、講演論文集、平成5年第126回秋季講演大会,(1993), Vol.6, No.5, 1590
72 前田安郭,西山高弘,寺嶋一彦,野村宏之 : 造型砂噴出挙動の可視化と特性解析, 日本鋳物協会、第122回全国講演大会講演概要集,(1993), 58
73 脇阪剛史,前田安郭,野村宏之 : 造型砂の空気輸送における特性解析, 日本鋳物協会、第121回全国講演大会講演概要集,(1992), 72
74 前田安郭,山田昌史,野村宏之 : 圧縮空気による粉粒体成形の特性調査, 日本鋳物協会、第120回全国講演大会講演概要集,(1992), 55
75 前田安郭,小林政憲,寺嶋一彦,野村宏之 : ニューラルネットワークによるブローイング造型の充てん性状最適化, 日本鋳物協会、第119回全国講演大会講演概要集,(1991), 85
76 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ブローイング造型における混相流解析と造型性状予測, 日本鋳物協会、第118回全国講演大会講演概要集,(1991), 60
77 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : 粉粒体吹き込み充てんプロセスの数値解析, 日本機械学会東海支部、第40期講演会,講演論文集No.913-1 (1991), 186-188
78 厚美智浩,前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ブローイング造型における充てん性状の学習制御, 日本鋳物協会、第117回全国講演大会講演概要集,(1990), 65
79 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ブローイング造型における流線解析, 日本鋳物協会、第116回全国講演大会講演概要集,(1989), 84
80 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之 : ブローイング造型における型砂流動と充てん特性, 日本鋳物協会、第115回全国講演大会講演概要集,(1989), 31
81 前田安郭,寺嶋一彦,野村宏之,坂野武男 : ブローイング造型における三次元粉体圧の挙動, 日本鋳物協会、第113回全国講演大会講演概要集,(1988), 87 

学位論文

前田安郭 : 粉粒体吹き込み造型プロセスの最適化に関する研究(博士論文), 豊橋技術科学大学(論博38号), 平成4年6月
前田安郭 : 粉粒体吹込充填プロセスの特性解析(修士論文),豊橋技術科学大学,昭和63年3月